知識をつける

労使関係については、労働基準法にその定めがあります。 この労働基準法を根拠に、様々な判例が出されています。 最早通説となっているのが、使用者は正当な事由がなければ労働者を解雇することができないという考え方です。

詳細を確認する

弁護士を利用する

遺産相続を円滑に行うためには、弁護士などの専門家に任すことで、スムーズにことが進みます。また、遺産分割などをする時には、裁判所で決めることができます。適切に行うためには、こういった方法があります。

詳細を確認する

過払いしている可能性

近年では多くの方が債務を払いすぎて過払い金が発生している場合があります。白でもなく黒でも無いグレーゾーンの金利で融資することも禁止されたので、融資を受ける側にも優しくなりました。

詳細を確認する

返還のこれまで

日本には弁護士という職業をしている人たくさんいるのであるが、その人たちにお世話になった人はあまりいないとされている。しかも実際に関わっている人はほんの少しであり、弁護士の実態を知らない人がほとんどである。

詳細を確認する

故人が残した借金への対処として相続放棄の相談行ないましょう。親戚などに迷惑を掛けず、放棄の手続きが行なえます。

自動車事故の現状

この世に自動車が存在する限り、自動車による交通事故のリスクはついて回ります。 とりわけ、相手がいる交通事故の場合、お互いが円満に解決すれば問題ありません。 しかしながら、相手ともめるケースが少なくありません。 たとえば、過失割合でもめたり、交通事故と後遺障害の因果関係でもめたりすることがあります。また、相手が100%過失のある事故であるにもかかわらず、相手が誠意を見せずに賠償しないケースもあります。それは今後も起こりうることです。 このような場合、交通事故を解決するにあたって専門的な知識を持っていないことが多いので、解決手段に窮してしまいます。 そこで、弁護士を通じて解決することになりますが、弁護士費用がかかってしまいます。 そんな時に役に立つのが、自動車保険における弁護士費用補償特約です。

弁護士費用補償特約

弁護士費用補償特約とは、自動車事故によって弁護士が必要な場合に、その費用を補償してくれるものです。 これがあれば、相手ともめた場合にでも弁護士を立てて解決へと歩むことができます。 それから、こちらが過失が全くない時には、気をつけなければならないことがあります。それは、弁護士法により、契約している自動車保険の保険会社が契約者に代わって示談交渉することが禁じられているということです。 そんな時にもこの特約があれば、自分の代わりに弁護士が対応してくれますので、安心です。 自動車事故はいつ起きてもおかしくありません。また、その解決においてももめることもあります。そのような事態に備えて、弁護士費用補償特約を備えておきたいものですね。

関連リンク

  • 福岡中央司法書士事務所

    福岡で過払い金の請求を行ないたいと思っている人はいませんか?それならサイトに書かれている内容をみてみよう。
  • やすだ会計事務所

    経営のサポートをお手伝いしてくれる業者になっています。相続を奈良で申し込みたいと思っているならサイトを見てみるといいです。
  • 交通事故で泣き寝入りしないための弁護士相談マニュアル

    交通事故は弁護士に相談する必要があります。ここで紹介されている事務所には専門的な知識を持っているプロがいるのでおすすめです。