遺産相続は何かとめんどう

被相続人の財産がある程度ありますと、相続人の間で争いが生じることがあります。長男が勝手に独占をしたり、あるいは生前面倒をまったく見なかった姉がごっそりと持っていったり、まあ家族によって好き放題にしているのもいれば、別に親の財産など関心なく、争いに参加しない清廉な相続人もたくさんいるのです。争いになるのは、一方が黙っていない場合です。あまりにもワンマンなのも困りものです。頑固さだけが親譲りで、まったく言うことを聞かない人たちがいます。遺産相続はなかなかに難しい問題があるものです。遺産相続はやはり専門家である弁護士に相談するのが妥当なのでしょうか。その分目減りするのが惜しくなければ、ですが、家庭裁判所で話し合いを持つことはできるようです。

遺産分割は裁判所で

確かに専門家に依頼すれば、相続財産は目減りしていきます。巨額な財産があれば、渡さないようにお互い意地の張り合いになりますので、両方の弁護士の報酬も弾んでいくことになります。これはまったく合理的でない出費だと思いますが、往々にしてそういうことがあります。家族法というものは、やはり人の道が通っているべきなので、あまりに法律的な解決は妥当ではありません。そこでは現実的な遺産分割案が練られてきます。遺産相続は被相続人の遺志を継いでくれる人のものです。それが理解されていないことが現実にはたくさんあります。特に身内でそのような人間性を見せられた時には、ちょっと幻滅したりします。遺産相続は争わないのが美徳だと私は考えています。