不当解雇は無効

使用者は、正当な事由なくして労働者を解雇することはできないのです。 これを無視して使用者側が労働者を解雇すれば、不当解雇となりその解雇は無効となる可能性があります。 しかし問題は、その解雇が不当解雇に当たるかどうかにあります。 それを争うために、しばしば裁判にもなります。 裁判になった時に、労働者が一人で会社側と争うのは無理があります。 その場合には、専門の弁護士に味方になってもらう必要があります。 最近では、不当解雇などの労働問題を専門に扱う弁護士もたくさんいるので、そのような弁護士に相談をすれば良いと思います。

弁護士に依頼

会社側の要求に従わなかったり会社側の都合によって、正当な事由もなく解雇される事案が多く発生しています。 これらは不当解雇として無効となります。 しかし会社側の解雇通告が違法であることを証明する必要があります。 会社側が解雇は正当であると主張した場合には、訴訟を提起して解雇の無効を裁判所に求めなければならないことになることもあるのです。 裁判所で争う場合には、労働者側も訴訟代理人として弁護士に依頼する場合が多いと思います。 但し、闇雲に弁護士に依頼すれば良いと言うわけではなく、労働問題に詳しい弁護士に依頼する必要があります。 インターネット上には、労働問題に強い弁護士を探すことのできるサイトもたくさんあるので、そのようなサイトを利用して、弁護士を探せば良いと思います。